Slack Key Guitar Workshop Vol.3

2月19日(日)、毎回ご好評頂いている「松本ノボルのスラックキーギター・ワークショップ Vol.3」が 開催されました!

いつものウクレレとはまたひと味もふた味も違う、ギターの深く、優しい音色にスタジオが満たされました。
参加者の皆さんの熱意に、講師の松本ノボル先生(通称:MATSUN)の指導もついつい熱が入り、
予定の90分を超える熱〜いワークショップとなりました。

スラックキー・ギター独特のチューニング方法、指の使い方、など松本先生の分かりやすい説明に皆さん真剣に聞き入っていました。 課題曲"Ke Aloha"の練習は、短いフレーズを何度も何度も繰り返す、丁寧な方法。
練習を重ねる内に、少しずつスラックキー・ギターらしい音色がスタジオに溢れてきました。
ワークショップの最後は、先生によるデモンストレーション。 あまりに早いその指使いに、釘付け!
「もっと上手くなりたい!」、「もっとやりたい!」というモチベーションを刺激された90分でした。

今回は参加者の皆さんにご記入頂いたアンケートから、ワークショップの感想をご紹介します。


♪ とても楽しく、勉強になり、更に感動しました。また参加したいと思います。 (Kさん)

♪ 6人でのスラックキーギターのチューニングや曲の練習、とっても分かりやすく楽しかったです!! 
   はまりそうです!! (Nさん)

♪ 毎回、参加を希望します。
   レギュラーでクラスがあればと思っております。 (Tさん)

♪ 楽しく過ごせました。人数、時間など最適だと思います。 (Wさん)

♪ 短時間ながら、基本的なことを身に付けることが出来ました。
   6-7名というのはちょうど良いと思います。 (Mさん)

♪ いつもながら濃い時間。 次回も参加するゾ! (Yさん)


今回の参加者は全6名。
皆さんギター経験者ですが、
ほとんどの方がスラッキーは
初めて!という方ばかり。

とても熱心に取り組んでいました。
スラックキー・ギターは特殊なギターではありません。普通のアコースティック・ギターの弦を緩めた(スラックした)特殊なチューニングで、ベース、メロディー、和音の全てを1本のギターで弾くハワイ独特の奏法です。
次回、Vol.4は
5月14日(日)
14:00-15:30です。

アコースティックギターをお持ちで、チューニング方法や基本のコードをご存知の方なら、どなたでもご参加頂けます。
今回は参加出来なかったけれど、次回はぜひ!という方、「スラッキーって何?」という方のご参加もお待ちしています。 
奮ってご参加下さい!

参加者の皆さま、お疲れ様でした & ありがとうございました。

Copyright (C) All Rights Reserved by TRUE BLUE / TRUE WORKS